逆浸透膜とは

逆浸透膜のシステムは、将来的な水不足の解消を目指してアメリカによって初めて実用化されました。 水道水の品質があまりよくないアメリカでは70%以上の一般家庭用浄水器がこの逆浸透膜タイプと言われています。

当浄水器の逆浸透膜(RO膜)のフィルター孔は0.0001μmと一般的に多く使用されている浄水器の100分の1の小ささで水道水から純水を生成します。

以下、図で各種フィルターの違いについてご説明しましょう。まず、水の中の粒子類を下のような図で表示します。

活性炭フィルタ

活性炭は、表面の凹凸に微粒子を吸着して不純物を取り除きます。

活性炭は水の中の濁りやカルキ臭などを吸着して取り除きますが、ウイルスや小さな分子は取り除けません。このため、ノロウィルスなどのウイルスの病原体は通過してしまいます。

中空糸フィルタ

中空糸フィルタは、片側がとじたストローのようなものです。表面に小さな穴が空いていて、これで小さな不純物を除去します。

ウイルスなどの大きな粒子は除去できますが、小さな分子は通過してしまいます。通過してしまう分子は有機分子やミネラル類など。ダイオキシン、鉛やヒ素などは除去できません。

逆浸透膜フィルタ

逆浸透膜は1ナノメートル(1ミリの10万分の1)程度の穴によって、分子レベルで水を濾過します。

逆浸透膜の穴は非常に小さく、小さな分子でも通れませんが、圧力をかければ水分子は通過します。これによって純粋な水(=純水)を得ることができます。

つまり、逆浸透膜とは…

このように、逆浸透膜は水より大きい分子のほとんどを除去し、純水に近い状態にしてしまう能力を持っています。このため、一般の浄水器では除去できない有害ミネラル(鉛、ヒ素など)を除去することができます。

このため、ミネラル分や元の水に含まれる殺菌成分までも除去されてしまうというデメリットもあるのは事実です。殺菌成分が除去されてしまうため長期保存も難しくなります。

しかしミネラルは食事等からでも充分に取ることができます。また、当浄水器の内部タンクはセラミックフィルターの抗菌システムを採用しているため、清潔に保つことが可能ですし、浄水器は基本的に毎日お使いになるものですので長期保存をあまり気にされなくても大丈夫かと思われます。